Next Action→ Social Academia PROJECT

#ミライを興せゴールデンエイジ

エントリーの詳細はこちら

2021.04.11
オンラインプログラムスケジュール、プログラム詳細を追加NEW
2021.04.09
【参加者募集】4/16(木)NA→SAプロジェクト ゴールデンエイジ向け説明会NEW
2021.04.09
【参加者募集】4/14(水)NA→SA PJ ゴールデンエイジにインタビュー#6 小高パイオニアヴィレッジ コミュニティマネージャー 野口福太郎さんNEW
2021.04.09
【参加者募集】4/13(火)NA→SA PJ ゴールデンエイジにインタビュー#5 haccoba 醸造責任者 立川哲之さんNEW
2021.04.03
【参加者募集】4/11(日)オンラインイベント『僕たちのウチアガリ方』NEW
2021.04.03
4/6(火)NA→SA PJ ゴールデンエイジにインタビュー#4 映像クリエイター 三品真麻紗さん
2021.04.03
【参加者募集】4/5(月)NA→SAプロジェクト ゴールデンエイジ向け説明会NEW
2021.03.31
NA→SA PJ ゴールデンエイジにインタビュー#3 福島大学 佐藤勇樹さん
2021.03.30
NA→SA PJ ゴールデンエイジにインタビュー#2 Bar幸 山本幸輝さん
2021.03.24
NA→SA PJ ゴールデンエイジにインタビュー#1 Kokage Kitchen 代表 大島草太さん
2021.03.24
募集要項にFAQを追加しました。
2021.03.10
Webサイトをオープンしました。

オンラインプログラムスケジュール

日時 内容
4月11日(日)19:00-20:30 『僕たちのウチアガリ方』
ゲスト:料理人 糸井章太氏、ヘラルボニー代表 松田崇弥氏、アーティスト・スタイリスト・アートディレクター 清水文太氏
5月11日(火)19:00-20:30(予定) 開校記念講演
講演:近日公開
6月11日(金)19:00-20:30(予定) 『私を知る、あなたを知る、福島を知る』(予定)
7月11日(日)19:00-20:30(予定) Apolloクラスファーストピッチ(予定)

STORY

東日本大震災から10年。
あの時、町は無人となりました。
夢見た新しい社会ははるか遠いままです。

だから私たちは、次の10年を託す、
20代以下のリーダーを発掘します。
キミたちは10代で震災を経験した『ゴールデンエイジ』。
10年たった今だからこそ、できることがあります。

舞台は、未開拓フィールドである「福島」。

私たちは、『ゴールデンエイジ』が集い、
未来に向けて躍動するコミュニティーを、
日本、いや世界のフロンティアである福島・小高で創ります。

リアルとオンラインで集い、企業や地域の力を得て、
切磋琢磨して成長し、そして、事業を創り出します。

復興を超えていこう。

ABOUT

福島は、津波や原発事故などの複合災害にみまわれました。
復興は立ち遅れ、直面してきた不条理が今なお解決されずに課題として残されています。
この日本の「課題先進地」をフィールドに、若い世代『ゴールデンエイジ』が、
3層プログラムに分かれて切磋琢磨し、
「次の復興10年」を創る社会を目指します。

3層プログラムの詳細はこちら

FIELD

人の住めなかった町・小高

FRONTIER

福島県北東部の海沿いに面する、南相馬市小高区。
2011年に起きた東日本大震災で一転、
福島第一原子力発電所事故によって
避難指示区域に指定され、当時、
1万3,000人ほどいた小高区の全住民は
避難を余儀なくされ、
2016年の避難指示解除まで、
じつに5年4か月もの間、
”人の住めない町”でした。

ゼロからの開拓を楽しもう

POSSIBILLTY

5年以上も「人口ゼロ」になったように、予測できない“可能性”はたくさんあります。

変化の激しい現代社会では、不測の事態が起き続けることを前提に、生き方を考えなければなりません。

"予測不能な町"で感じたことをもとに、『ゴールデンエイジ』の多くの仲間と、新しい"予測不能な未来"を創りませんか?

支える体制

SUPPORT

プロジェクトの主体は、小高区に拠点をおく一般社団法人パイオニズムです。

また「サポート企業」として現在、ソフトバンクとヤフーが参画しています。

今後も「次の復興10年」を創る未来に賛同するサポート企業や団体を募集し、産学官民一体で、継続的に支える体制を作ります。

未来を創るには仲間が必要だ

COMMUNITY

起業家はよく孤独といわれます。
生み出す事業と経営の責任を一身で背負わなければいけないから。
でも、キミたちは一人じゃない。
福島に連なる思いは多くの仲間と繋がっています。
10年前にも感じた孤独や無力感。
感じたのはキミだけじゃない。
このコミュニティが、キミたちを強くします。

さあ集まろう。たくさん話そう。
ときに泣き、思いっきり笑いあおう。

#ミライを興せゴールデンエイジ

募集要項

1.Next Action→ Social Academia Project 概要

一度は人口ゼロとなった福島県南相馬市小高区から、
新しい価値創造ができる事業を打ち上げるプロジェクト。
Apollo・Rocket・Boosterの3クラスがあり、
それぞれが協力しながら『ムーンショット』(これまでにない挑戦)を目指します。
月命日の毎月11日にオンラインイベントを実施し、
3クラス全てのメンバーに学びと交流の機会を創出します。

2.3クラス共通事項

対象年齢:応募開始時点で満16~29歳
応募期間:2021年3月10日~ 4月18日
結果通知:4月23日にメールで通知します
初回プログラム: 5月11日
応募方法:本サイト『エントリー詳細』から応募

【求める人物像】
新たな価値をうむ事業のプランがあり、1年をめどに起業すると決めている人
【募集人数】5名程度
【選考方法】エントリーシートと面談※1
【費用】無料※2

【求める人物像】
事業プランはまだ具体化していないが、将来起業をしたい思いがある人
【募集人数】10名程度
【選考方法】エントリーシートと面談※1
【費用】無料※2

【求める人物像】
Apollo・Rocket乗組員の想いに共感し、ともに成長できる具体的な行動を取れる人
【募集人数】100名程度
【選考方法】エントリーシート
【費用】無料※2

※1 「Apollo」と「Rocket」については後日面談を実施の上、正式なクラスを決定します。

※2 本プロジェクトに参加するための滞在費や通信料、使用する通信機器にかかる費用は自己負担です(滞在費の一部補助も検討中)。

クラスを開校後に選択できるフォームもございますので、プロジェクトに興味があるという方は、気軽にエントリーください。

3.事業の例

・福島の課題を解決する事業(原発事故やエネルギー、環境)
・震災を通してみえた本質的な課題を解決する事業

4.お問い合わせ

NASA Project mission control center(事務局)
小高パイオニアヴィレッジ内
電話番号:0244 - 26 - 4665
アドレス:nasa-pj@pionism.or.jp

5.主催団体

一般社団法人パイオニズム

6.サポート企業、協力企業・団体

ソフトバンク株式会社 ヤフー株式会社
さとのば大学 一般社団法人あすびと福島

エントリーの詳細はこちら

7.FAQ

エントリーについて

エントリーから開始までの具体的スケジュールを教えてください。
募集期間:2021年3月10日~4月18日
結果通知:4月23日にメールで通知します。
初回プログラム開催日:5月11日
現在学生ですが参加できますか?
募集開始時点で16歳~29歳であれば、どなたでも参加をお申し込みいただけます。
被災地出身地でなく、また海外など遠方に拠点を置いているのですが、参加は可能ですか?
募集開始時点で16歳~29歳であれば、どなたでも参加をお申し込みいただけます。
今年31歳になりますが、参加できますか?
申し訳ございませんが、募集開始時点で16歳~29歳の方のみ対象となります。
どんなジャンルの提案でも受け入れていますか?
地震や津波、原発事故などに影響を受けた社会課題を解決する事業を対象としております。 課題を解決する切り口となるジャンルは絞っておりません。
【Apollo CLASSについて】すでに行っている事業があり、それを福島で行いたいのですが、可能ですか?
既存の事業でも構いません。ぜひご提案ください。
事業提案は何個までできますか?
何個でも構いません。
審査基準を教えてください。
Apolloクラス、Rocket①各クラスの【求める人物像】に準じております。
知識がない私でも応募して大丈夫でしょうか?
知識や経験の有無は問いません。応募の際にCLASS検討中の方に向けたエントリー欄もございますので、まずはお気軽にご参加ください!

プログラムについて

どんなことが学べるのか教えてほしいです。
起業までのプロセスや、起業後の事業運営について総合的にサポートいたします。
入校時期など今後のスケジュールを教えてほしいです。
5/11に開校したのち、現地滞在が必要なApolloクラス、Rocketクラスのお申し込み・選考を開始いたします。両クラスの本格的な開始時期は8月となります。
※Apolloクラスについては、必要に応じて二拠点生活、多拠点生活していただくことは構いません。
アカデミアの講義は毎日ありますか?
月に1回、参加者全員を対象としたオンライン講義を予定しています。Apolloクラスは、月に1回のオンライン講義以外は起業に向けた準備をしていただきます。Rocketクラスは、受講期間中週3回のオンライン講義があります。他、必要に応じて講義や学びの場を開催いたします。
福島から起業ということですが、現地に住む必要がありますか?
①Apolloクラス:起業の拠点を福島に置いていただくことが前提となります。ただし、必要に応じて二拠点生活、多拠点生活していただくことは構いません。
②Rocketクラス:1か月半~2か月ほど現地に滞在し、さとのば大学のプログラムを受講・実践していただきます。
③Boosterクラス:オンラインのみの参加となりますので現地滞在は不要です。
福島でチャレンジしたいのですが、衣食住はどうしたらよいですか?
滞在中の家賃や食費等につきましては参加者負担となりますが、住居探しやシェアハウスの斡旋、地域との接続など、なるべくストレスなく生活していただけるよう事務局でサポートいたします。また、家賃につきましては、なるべく負担を抑えられるよう調整中です。
事情により途中で抜けることはできますか?また、条件が整った後、復帰することはできますか?
途中で抜けるのも復帰も可能です。
当初2層(3層)での参加を希望しますが、その後、どうすれば1層(2層)になれますか?
①Apollo:書類選考と面談ののち、現地滞在が可能なタイミングでいつでもご参加いただけます。
②Rocket:8月、または2月のうち、現地滞在が可能な時期にご参加いただけます。
階層の入れ替えはいつ、またどんな基準で行ういますか?
階層の入れ替えは参加者と適宜会話をしながら随時行います。
①Apollo:書類選考と面談ののち、現地滞在が可能なタイミングでいつでもご参加いただけます。(ただし、必要に応じて二拠点生活、多拠点生活していただくことは構いません。)
②Rocket:8月、または2月のうち、現地滞在が可能な時期にご参加いただけます。
講師について決まっていれば教えてほしいです。
今後プロジェクトサイトにて発表します。
5月11日の初回プログラムはどんなことをしますか?
今後プロジェクトサイトにて発表します。

支援について

各クラスどこまでの支援が受けられるのかと自己負担の範囲を教えてください。
「Apollo」では、1年をめどに起業ができるよう起業プロセス全般をサポートします。
「Rocket」では、中・長期で起業が具体化できるように集中講義の提供します。
「Booster」では、毎月月命日に実施するオンラインイベントと、3クラス交流の場を提供します。
挑戦したいのですが、金銭的サポートはありますか?
滞在中の家賃や食費等につきましては原則参加者負担となります。ただし、家賃につきましては、なるべく負担を減らせるよう調整中です。
リリースに「パイオニズム、ソフトバンクおよびヤフーの3者が持つこれまでの起業・事業化のノウハウやリソース、アセットを最大限に活用し」とありますが、具体的に教えてください。
ICTなど特定分野に知見がある社員や起業や事業運営について経験豊富な幹部社員などが過去の経験を活かし起業までの具体的なプロセスについて支援を行います。
つながる募金はどうプロジェクトに役立てられますか?
つながる募金を通じて、本プロジェクト運営主体である一般社団法人パイオニズムへ寄付され、本事業の運営に活用されます。
Yahoo!ネット募金はどうプロジェクトに役立てられますか?
「Yahoo!ネット募金」は社会課題を解決したい団体等とその活動を寄付で支援したい寄付者を繋ぐプラットフォームです。
本プロジェクトに寄付したお金は「Yahoo!ネット募金」のプラットフォームを通じて一般社団法人パイオニズムに振り込まれ、人材育成プログラムに活用します。

※以下内容が一般社団法人パイオニズムがネット募金で立ち上げたプロジェクトページに記載あります。
避難区域のため2011年から5年間「住民ゼロ」となった福島県南相馬市小高区を中心とした、福島の課題を解決する「ゴールデンエイジ」の人材育成プログラムに活用します。
具体的には、震災10年となる2021年3月から告知がスタートする、福島での人材育成プログラムや事務局経費に充てます。
事業化する際にSoftBankやYahoo!から出資は受けられますか?
Yahoo!からの出資は現在考えておりません。
社会課題解決で公共性の高いプロジェクトは「Yahoo!ネット募金」で寄付を募るサポートを実施予定です。
SoftBankからの出資について現状は約束できるものはありません。
運営資金に関しては出資という形に限らず、インターネットを活用した募金など様々な手段でサポートしていきます。
10年続けるプログラムと伺いましたが、10年後は完全に支援を打ち切るのですか?
現在確定していることはありません。
ICTの機器の貸し出しはありますか?
ICT機器の貸し出しは行っておりません。ご自身でのご準備をお願いいたします。
先端のロボットやスーパーコンピューターを使わせてほしいです。
活動拠点となる「小高パイオニアヴィレッジ」にはありません。取り組みたい事業内容に応じて、ご紹介できる可能性はありますが、お約束はできません。
事業創出や人材輩出の目標数字があれば教えてください。
100の事業創出と100人の起業家輩出を目指しております。

エントリーの詳細はこちら